住宅とその強度

地震に強い家と特徴

家

一戸建て住宅を購入する際には、様々な条件があるが、その条件のうちの1つとして近年重視されているのが、耐震性である。巨大地震の発生により、耐震性の重要性が高まっており、それらを重視する人が増えている。耐震住宅の特徴としては、いくつかのことがある。まずは、前提として家を建てる場所がある。家の強度もあるが、地震に強い家とするためには、地盤の固い場所に建てることが重要になる。また、最近の耐震住宅では免震機能が付いているなど、機能面で考慮されているものが多い。地震に強い一戸建て住宅を購入する場合には、これらの設置の確認もポイントになる。また、既に一戸建て住宅を有している場合には、筋違を入れることや補強などで強度を上げることができる。

強い家の見分け方

耐震強度が強い一戸建て住宅を見分けるポイントには、いくつかのことがある。まずは、中古の一戸建て住宅を購入するケースでは、その建築年が重要ということがある。建築基準法では、耐震性の基準は年々厳しくなっており、古い住宅より新しい住宅の方が厳しい基準で建てられた家であるということがある。その為、建築年が新しいほど強度が強い傾向がある。また、建築時の柱の数や太さなども重要になる。一般的には、柱が多く太い方が強度が強い傾向がある。その他、一階部分に空洞部分が少ないことも強度と関係してくる。一階部分が大きな駐車場となっているような場合には、土台が弱い傾向がある。また、左右のバランスの良さなども家の強さに影響してくる。